神戸市東灘区、阪急御影駅前・たつの矯正歯科クリニック(歯列矯正専門医院)

一般矯正治療の進め方

一般矯正治療の進め方

お電話で、ご相談日のご予約をいただきます。
ご質問には、矯正医がお答えしますが、診療時間中には診療に専念させていただくため、
診療終了後当院よりご連絡させていただきます。ご質問のある方は、連絡先を受付にお知らせください。
お子様の場合、何歳の方で、なにを心配しているか。ご当人の場合も、ご年齢をお教えください。



一般矯正治療の進め方
①コンサルテーションまずはお話をうかがいます。
今まで感じていたご不安、今気がかりな事、これからのご希望。どのようなことでも、お聞かせ下さい。
あなたが必要となさっている説明をいたします。
②検査検査値に基づく確定診断をする為に行う基本検査です。 口内の状態を診て、これ以外の検査を行う場合もあります。写真撮影
pho09
レントゲン撮影
pho10
模型製作
pho11
③説明基本検査に基づいて診断を行い、具体的な治療方針と費用の説明をいたします。
可能な範囲で患者様のご希望に沿った形で提案させていただきます。
④承諾治療方針と治療に必要な費用、期間、さらにはリスクの説明をお聞きになった結果、
ご承諾頂ければ治療をお引き受けさせて頂きます。
⑤準備虫歯治療・歯・インプラントなどが事前に必要であれば、一般歯科で受診して頂く場合があります。
また、姿勢や生活習慣の改善、お口のケアなどをトレーニングします。
⑥治療開始まっすぐに、治療終了に向かって始めて行きます。
⑦装置装着さまざまなタイプの矯正装置が用意されています。
患者様の症状や、生活習慣などによって選ばれた装置を使わせて頂きます。患者様の日常生活の中にあって、矯正装置が最も効果的に作用するよう使用方法やメンテナンス方法をご説明させていただきます。お帰りまでのお時間に余裕をみてご来院下さい。
ブラケット+ワイヤー
pho12
⑧治療間隔治療間隔は3週間~3ヶ月に1度程度は来院して頂き装置の調整や治療効果の確認などを行います。
1回の治療時間は、30分から1時間程度とお考え下さい。
⑨治療期間患者様の症状と治療終了への意欲によって結果が変わってきますが、1年半以上は必要とお考え下さい。
⑩装置撤去調整が患者様のご希望に沿う形で治療が完了した後、ブラケットやワイヤー等全ての装置を外します。
⑪保定装置(リテーナー)の装着ブラケット撤去後はとても歯が動きやすくなります。後戻り防止の為に取り外し可能な保定装置を作成し、
約2年装着します。基本的には最初の1年間は食事以外、その後は就寝中のみ装着します。
保定装置の装着後は4~6ヶ月に1回来院して頂き、歯並びの状態を確認し必要な装置の調整をします。
保定装置
pho13
保定装置装着時
pho14
⑫保定装置(リテーナー)の撤去調整した歯が安定したら保定装置を外します。これで治療は完了です。完了後
pho15
TOPへ